• [15] 2016/08/26 19:05

    私は気が済むまでJKとsexをし続けるしかないのです。
    どこを責められると敏感に反応するのを知っていました。
    JKとsexをしたことの無い人は、本当の快感を知らないと思います。
    それから互いの体位を入れ替えることになったのです。
    私はJKとsexしようと思ったので、いつも以上に厳しい口調で誘いました。
    今度は激しく体にむしゃぶりついてきました。
    「出しちゃいました」と言って、私の股間から固いものを抜きました。
    美少女は、ようやく終わったと、ほっと一息ついていたのです。
    そして次が最後だからと言って「3Pをしよう」と言ったのです。
    私がTwitterにそれをUPしていたことを気付いていないのかもしれません。
    さすがに無修正のDVDを見ることは拒否したのです。
    私はJKのsexの動画を見て、そのやらしさに背筋がぞくぞくしてしまいました。
    今まで従ってきたこともあり、全く付き合わないということは出来ませんでした。
    今は、せめてパンツの臭いを嗅いで性欲を満たすのでした。
    つまり、いくら生で挿入したくても避妊しなければならないことはわかってました。
    18歳と出会いをすることに惹かれてしまうのです。
    それがだんだん多くなり体に触れることも無くなるということもあります。
    気付かれぬように接写をして後で楽しもうと思いました。
    それだけ、JKとsexしたい強い思いを持ってしまったのです。
    まったくその気になってくれないので巨乳を見せて性欲を高めようとしましたが、やはりダメでした。
    ここで、まんこを見せなければ収まらないみたいな感じになってしまったのです。
    私は自分のものを突っ込んで十分に感じさせてあげたのです。
    初体験だったみたいで血が下着に付いていたのです。
    そういう、ちょっとした態度をきっかけで白けてしまうことも多いのです。
    そうなると、またそのに気にさせることは余計に難しくなります。
    また、JKのsex動画を見なくても全く困らないみたいなのです。
    当然のことですが相手もイかせてもらえると期待していると思います。
    たまにですが、お互いの体の相性が合わないこともあります。
  • [14] 2016/08/26 19:05

    私は裸を見て興奮するわけではなく、集中することができました。
    私は、スムーズに出来るようになるためにローションを使い、ぬるぬるとした感触を楽しんだのです。
    いきなり抱いたら悪いかなと思って、「もう寝ようか」と声をかけました。
    それから可愛い顔を見て抱きたくなっても仕方ないと思いました。
    そしてsexしている時にハアハアと臭い息がかかって顔を背けました。
    きっと、もっと気持ちよくなりたくて愛撫したと思われてしまったかもしれません。
    でも、自分も感じてきたので黙って、されるがままになっていたのです。
    これから、さらに激しく責められ私の体は震えました。
    本当に満足させることができるか?でも、こればっかりはやってみないとわからないのです。
    そういった想いもあって、私は、とにかく力強く体を抱きしめたのです。
    もしも、相手がsexすることに慣れていない時はやさしくリードしてあげなければいけません。
    そして一晩ともに過すことになっていよいよ、生挿入をすることを決めました。
    そしてベットに入るとすぐに始まったのです。
    前に経験があったにしても、sexするのは思ったほど簡単なことではありません。
    色々な体位を試しているうちに疲れてきたので、フェラをしてもらうことになったのです。
    一時間くらい舐めあっていたのですが、そのうちバックでやろうと言い出したのです。
    まさかそんな恥ずかしい体位でするなんて、思ってもいなかったので、少し戸惑ってしまいました。
    両手でパンツをずり下ろされて、全裸になったのです。
    これから、JKのsex動画を見るんだと思ったら、期待で胸の動悸が高鳴ってました。
    「もう濡れているよ」と言われ、私は恥ずかしさで顔を手で隠してしまいました。
    そして乳首が勃起しているいと言われ、急いで胸を隠しました。
    こんな感じでオメコを舐めればいいかなと聞きました。
    消え入りそうな声で好きにしてと返事がかえってきました。
    前から親しかったこともあり、思う存分にsexをして、お互いの体を貪りあいました。
    男がふいに私のおっぱいをきゅっとつまみました。
    もちろん援交をするため下着を脱がされたのです。
    体中を舐められるのは覚悟してましたが、いざその場になって身がすくみました。
    私はハメ撮りされていると知って甘い声を漏らしてしまったのです。
    「今度はモザなしを見ようか」と言われて私は「お願いします」と言いました。
  • [13] 2016/08/26 19:05

    半年ほど前、彼が、どうしてもパイズリしてくれと頼むので一度だけと言ってしてあげました。
    それ以来、嫌だなと思いつつ大体月一くらいの感じでしてあげてましたした。
    実際には好きではなく、興味本位で丸見えにしてくれと、お願いされているだけかもしれません。
    たとえば、sexしている最中にイきそうになっても我慢することも大切だということです。
    こんなにマメにチェックしているということは、やっぱり無修正のDVDを見ているということでしょう。
    実際にザーメンを中出しされるまでは、そこまでしないだろうと淡い期待を持っていたのです。
    たまには、援交をしたくなることもあるよねと思えてくることがあるのです。
    まだ16歳で妊娠しない年齢だったおかげで割り切りの関係を続けることができました。
    知らない人とsexされるよりはましだと思っていました。
    もちろん、ハメ撮りなんかして欲しくないと前から言っていたのです。
    でも、どうしても巨乳を吸いたくなったら、私にバレないようにしてと言っていました。
    私が家出して神待ちしていた時に泊まりにおいでと言ってくれたのです。
    そういう嫌なことをされた経験があるか聞きました。
    一度コンドームをしないでsexしたけど、もう、やる気はないと言っていました。
    いざ部屋に行くと数人の男たちが待っていて輪姦されてしまったのです。
    最初から、私を犯すつもりでいたのだと知った時は悲しくて悔しくて涙が止まりませんでした。
    わがままかもしれないけど、やっぱり、こういう形では、sexをしたくありません。
    おまんこを見つけて虜にしてやろうと思ったのです。
    本当のところ見ているかどうかも分からなかったのです。
    ちなみに付き合って三ヶ月になりますが、まだ生ハメされたことはありません。
    なぜなら、乳首を吸われた時の気持ち良さが違います。
    結局、マジにフェラしてくれる相手を探すのに時間をかけるのはやめました。
    やっぱり、ハメ撮りをするのは絶対に無理だから、いくら相手に頼まれても断わろうと思います。
    この無修正のDVDを見たら、一体どんな感じがするかと言ってました。
  • [12] 2016/08/26 19:04

    そんな雰囲気ではなかったけど、17歳を説得して許してもらえることになったのです。
    疲れていたせいで意識が薄れていてザーメン中出しをしてしまったのかもしれません。
    それに、許してもらうかわりに、クリを舐めることになったのです。
    それすら断ることなんて出来なかったのです。
    シックスナインをしてから、太い指が、私のあそこに中にゆっくり入ってきました。
    私は援助交際をすることを待ち望んでいたので、迷うことなくラブホに入っていったのです。
    舌でゆっくりと味わうように相手の一番敏感な部分をくすぐるようにしてフェラをはじめました。
    冷静に考えるとJKのsex動画を見るのは気がすすまないって感じでした。
    しかし、本当にするよりか遙かにマシだと思ったのです。
    指でゆっくりと乳首なぞりながら、感じていく様子を眺めていたのです。
    激しく締め上げるパイズリで動きを弱めず、ぐいぐいと敏感なところを刺激していきました。
    今まさにハメ撮りされていると思ったら、息が荒くなって胸の動悸が止まらなかったのです。
    それから、生ハメされて私は一気に力が抜けて、その場に倒れてしまいました。
    そして男は、ぐったりしている私の横でJKのsex動画を見ていました。
    さらに言えば、これが流出していると考えるだけで快感すら感じるようになりました。
    私は巨乳を吸われているうちに、濡れてきてパンツに染みができました。
    妹と近親相姦することが、とても気持ち良くて、いけないと思いながらやめられませんでした。
    SNSを使って話しかけても何も返事がありません。
    二人と同時にするなんて初めての経験だったのです。
    今まで味わったことのない快感が次々と襲ってきました。
    私の巨乳がぴちゃぴちゃと舐められる音が部屋中に響き渡っていました。
    私はsexをしながら、ほとばしるような快感が走り抜けていくような感じがしたのです。
    きっと、援交をしていると告白されたのです。
    どう反応すればいいか分からなかったという感じだったのでしょう。
    その後、自分が個人撮影していたことを知られたのが恥ずかしくて唇を軽く噛んだのです。
    私は裏ビデオを見て、イったのです。
    そして全身敏感になっているところに強い刺激をくわえられたのです。
  • [11] 2016/08/26 19:04

    相手のはく息が耳元に聞こえて、それだけでもイきそうになったのです。
    まだ、15歳なので快感が特に激しかったのです。
    これ以上されたら気が変になっちゃうと思いました。
    絶対にJKのsex動画を見れると思っていました。
    私はノリノリだったのですが、結局は見つけることが出来なかったのです。
    私はパイズリをしてもらったのに最後までいけなかった理由はわりませんでした。
    もちろん、相手にその気があれば向こうから誘ってくると思うのです。
    その気にさせるための愛撫が上手くなければいけません。
    いざsexが始まると、最初のうちは、大人しい感じでした。
    徐々にエスカレートしていったため感じ過ぎて潮吹きしてしまいました。
    それくらいなら私も別に構わなかったのです。
    痛くなるほどのことをされて、少し違うかなという気持ちになったのです。
    今までは自分でもそれなりに感じることができました。
    良かったとも思ったのですが、ここまでしたら、やめられなくなるかもと心配になったのです。
    もしかしたら、巨乳で無いと感じないのかなと思いました。
    悔しくなって、どうしたらいいのか分からなくなったのです。
    昨日、彼に「無修正のDVDだけで満足してね」と話してみるとと言ってくれました。
    私を満足させようと激しくクンニしてくれるから、知らない振りをしてあげるつもりです。
    私はsexをしようと考えたのです。
    相手がその気になってくれなければ気持ちだけが空回りしてしまいます。
    クンニされた時も、最初は優しく、そのうち激しくなって舌を入れてきます。
    まれで強姦されるみたいに腕をつかまれたのです。
    バックから無理矢理に入れられると一段と激しく突いてきました。
    私はJKとsexをすることを気に入してしまって、それで何回も会うようになったのです。
    私は無修正のDVDを見ていました。
    ああ、もう我慢できないと小さな声で言ってオナニーを始めました。
    次の瞬間、熱く勃起したものを私の手にぎゅっと握らせたのです。
    そして私の股を開いて、その太く硬いものを押し付けだしたのです。
    そして、JKのsex動画を見るなり、私は早くも息が乱れてきたのです。
    それから、一旦その動きを止めて、私の膣を確認しようとしました。
    股間の辺りを手で探りだしたのです。